訪問のマナー

 

 

よそのお宅を訪問する時は、前もって日時を約束してから伺うのがマナーです。

近所に来たからとう場合も突然伺うのではなく、

一応、「近所にきておりますのでこれから伺ってもよろしいですか?」

と連絡してから訪問します。


訪問する場合は、招待された場合を除き、食事の時間や朝や夕方の忙しい時間帯を除いた時間に

訪問するのがベストです。

午前中だと 10時~11時。午後は1時~4時ごろまでと言われています。


簡単な用件の場合は上がりこまず、玄関でお話しさせて頂くのがいいでしょう。

 

 

また約束の時間より早く着くのも失礼です。

早く着いてしまったらどこかで時間をつぶし、約束の時間よりちょっとだけ遅れ気味に着くようにします。

何かのトラブルなどでかなり遅れそうになる時は電話連絡を入れるようにしましょう。

 


訪問先に到着したら、玄関の外でコート、手袋や帽子は脱ぐようにします。

また、雨が降っていてぬれている傘は、外に傘立てがない場合は、外のドアの近くに置いておき

玄関内に持ち込まないようにしましょう。

 


手土産を渡すタイミングですが、お菓子やおもちゃなどの手土産は部屋に入って渡しますが、

生ものやアイスクリームなどのすぐに冷蔵庫に入れたほうがいいものや

生花などのすぐに水に入れたほうがいいものは玄関で渡したほうがいいです。

 

 

訪問するにあたって、身だしなみはきちんとしておくのもマナーです。

誰がみても気持ちのいい身だしなみで訪問してください。

 

 

 

挨拶のマナー
電話のマナー
訪問のマナー
茶菓の出し方のマナー
呼び方のマナー