大切な家族へ  

 

あなたと一緒に住んで

もう10年

 

 

大切な大切なあなたへ

 

 

いつもありがとう

この想い

ちゃんと伝わるかな??

 

 

伝わると信じて

お手紙を書きます

 

 

 

 

 

 

 

 

    ----------------------------------------------------------------------

  

 大切な家族へのてがみ

 


 君と過ごしてからちょうど10年になりますね。

 思い返してみるといろいろありましたね。
 改めていろいろな思い出が浮かんできます。

 飛行機が嫌いな君だから、あまり遠くへは出かけられなかったけど、
 結構いろいろと行きましたね。

 


 初めて海に行ったときは、
 砂浜の感触が歩きにくそうで、固まってましたね。
 海の水はしょっぱいんですよ。
 飲んでびっくりしていましたね。
 僕もまさか飲むとは・・本当に驚きました。

 

 

 鎌倉の山に出かけたときは、
 元気一杯、一人で走って行ってしまい、心配していたら
 枯れ葉だらけになって帰ってきて、
 枯れ葉を取るのが大変でした。

 

 

 いつも楽しませてくれて感謝で一杯です。
 改めて手紙にすると、いろいろと思い出しますね。

 そんな君も産まれたときは末っ子で、身体が弱かったのですよ。
 週に1回は病院に行って、この先、大丈夫だろうか・・?
 と本当に心配していましたが、
 今となっては懐かしい思い出です。

 

 

 僕がいくつかの困難を過ごして精神的に参っていたときも、
 ちょっと嬉しいことがあったときも
 気づくと真っ先に君へ問いかけるようになっていました。

 

 いつも家で留守番をさせて心苦しいけど、
 いつも一人で置いてけぼりで出かけるとき後ろ髪をひかれるけど、
 いつも帰ると傍で変わらず接してくれてありがとう。
 僕は君がいるから生きることに前向きになれるのだと思います。

 

 

 言葉はなくても、どんなに助けてもらったか本当に計り知れません。
 伝わるかは分かりませんが、
 改めて感謝を僕の心に刻みます、ありがとう。

 

 

 そんな君ももう10歳。
 立派なおじいちゃんですね。
 最近は寝ている時間が長くなったような気がします。

 これからどのくらい君に「行ってきます」と「ただいま」が言えるかな・・
 先のことは分からないけど、この「らじレタ」をきっかけに、
 来年も、再来年も、その先もずっと同じ時期に感謝の手紙を書こうと思います。

 

 

 

   --------------------------------------------------------------------------------

 


 

らじレタの申し込みはこちらから